睡眠前にとっておきのリラックスを!今日から簡単ぐっすり●●式

” 

 

朝に弱くてなかなかすっきり起きられず、苦労している方の中には

睡眠そのものに問題を抱えている人もいます。

 

ここでは、心地よい眠りを得ることで、

すっきりした目覚めを得る方法を探ります。

 

 

スッキリ起床のための睡眠には●●が大事!!

 

 

忙しい現代社会では、睡眠時間を確保しようと、

逆に無理が積み重なってしまっている人も多いかもしれません。

 

しかし、睡眠で大事なのは、「時間」よりも「質」。

 

質の良い睡眠であれば、短い時間でも

すっきりとした目覚めを得ることができるのです!

 

そして、睡眠の質には、心の安らぎ度合いが大きく関係。

 

ストレスや心配が積み重なり、よく眠れない方、

こうした心の疲れが積み重なってしまったときは

自分にあったリラックス方法でリフレッシュ。

 

よい眠りとよい目覚めの両方を手に入れましょう!!

 

 

当たり前すぎで盲点だったリラックス方法、●●やってますか?

 

 

突然ですが、腹式呼吸はされていますか?

 

普段、呼吸について意識されていない方、

腹式呼吸をしてみましょう!
腹式呼吸は、横隔膜を上下させる呼吸法です。

 

やり方は、

 

まず、口からゆっくり息を吐き出しましょう!

 

空気は、体中から空気を出し切るように、

ゆっくりと時間をかけてはくのがコツです。

 

そのあと、鼻からゆっくり息を吸い込みましょう!

おへその下に空気をためるように、お腹を膨らませて。

 

 

ここ大切なのはよいイメージを持ちながらすること。

 

すなわち、息を吐くときは、

イライラや不安をすべて吐き出すように、

 

吸うときは、

森林などのきれいな空気を胸いっぱい吸い込む気持ちで

呼吸をしましょう!

 

この腹式呼吸はリラックス効果をもたらします。

 

リラックスは安眠の何よりの助け。

 

心と身体をゆったりと解きほぐし、心地良い眠りを手に入れましょう!!

 

 

リラックス後の睡眠サポート。ぐっすり眠れる睡眠サプリは⇒こちら

健康

どうしたら眠れる?これを食べてすっきり眠ろう!

 

コーヒーなどに含まれるカフェインが寝付きを妨げることはよく知られています。

 

では、「よく眠れる食べ物」もあるのでしょうか。

 

ここでは、眠気を導くシステムに眼を当て、よく眠る食べ物を探ってみたいと思います。

 

知らなかった!食事と眠気にはこんな関係がある!

 

 

眠気は、体温と大きく関係しています。

 

体温が下がるタイミングに合わせて眠気が発生するため、

就寝時間が近づいたら、体温を上げないように注意することが必要です。

 

通常であれば、夜になると、1度ほど体温が下がり、眠くなります。

 

しかし、なんらかの原因で夜になっても体温が下がらないと、

眠気を感じることができず、「眠れない」という悩みを抱えることになるのです。

 

 

夜になっても体温が下がらない原因はさまざまですが、

食事もその一つです。

 

胃の中に食べ物が残っていると、消化活動を行うため、体温が下がりにくいのです。

 

なので、消化に時間がかかる食べ物は、胃に滞留する時間が長く、

睡眠を妨げる原因になります。

 

胃の滞留時間は、消化の早い果物が1時間程度なのにくらべ、

揚げ物ステーキなどは、4時間にものぼり、眠気を妨げる原因になります。

 

 

すっきり寝覚めに影響!睡眠に適した食事の時間はいつ?

 

 

心地よい眠気で眠りにつくためには、就寝3時間前には食事を終わらせるのが望ましいです。

 

食事直後の、食べ物が胃の中にたくさん残った状態では、睡眠をとっても眠りが浅くなります。

 

眠りが浅いと、脳と身体の疲労回復が十分に行われず、

すっきりとした寝覚めを妨げる原因になります。

 

飲酒も、寝付きが良くなると言う人もいますが、

睡眠中の眠りは浅くなってしまうので、控えましょう。

 

 

眠れない夜には音楽を聴こう!おすすめ音楽は⇒こちら

 

 

 

 

 ”

健康

決定版!何をしても眠れなかったあなたに送る快眠音楽10選

” 

 

なかなか寝付けないときは、リラックスできる音楽を聴くことで

入眠できることがあります。

 

ゆっくり眠れる音楽を聴いて、心地よい眠りを手に入れましょう。

 

 

聴くだけで快眠!やはりおススメはモーツアルト??

 

 

昔から、モーツアルト曲がよい眠りをもたらすとは、

よく言われています。

 

その真相はというと、モーツアルト曲は、人間をリラックスさせる

副交感神経を活発にさせるということ。

 

音楽自体、副交感神経を活発にさせる作用に富んでいますが、

なかでもモーツアルトのバイオリン曲やピアノ曲は

副交感神経を活発にさせる高周波音が多く登場します。

 

その高周波音が、脳神経を刺激し、副交感神経を活発化させて

脳をリラックス、眠りへと導くのです。

 

 

科学的根拠あり?!よく眠れる1曲、その効果は??

 

 

音楽による治療、改善効果を狙った「音楽療法」

さまざまな分野で行われています。

 

当然睡眠にも用いられているこの音楽療法。

 

作曲家のマルコニ・ユニオンがイギリス音楽療法学会と合同で制作した1曲、

「無重力(ウエイトレス)」が、

世界一リラックスできる音楽として、科学的に認められています。

 

2011年の40人の被験者を対象とした実験では、

ストレスレベルの軽減が認められ、

心拍数や血圧、ストレスホルモンであるコルチゾール値を下げる効果が証明されました。

 

 

日替わりで楽しみたい!眠れない時に聴く音楽は?

 

 

定番モーツアルトや、先に述べた「無重力」など、

安眠を導く音楽を集めました。
[table id=1 /]

 

 

眠れない夜の、お気に入りの一曲を見つけ、

心地よい眠りを手に入れましょう!!

 

 

睡眠改善はサプリメントの併用がおススメ!安眠サプリは⇒こちら

健康

体内時計の乱れと不眠に打ち勝つ!安眠のポイントは2つ

” 

 

人間には、体内時計が備わっているといわれます。

 

朝になると目が覚め、活動し、夜になると眠たくなるという生活サイクルは、

体内時計によって導かれています。

 

この体内時計のリズムがなんらかの原因で狂ってしまうと、

夜になっても眠たくならない、朝になっても起きられないという、

つらい不眠に悩まされます。

 

不眠を改善するためには、生活習慣を

どのように改善したらよいのでしょうか。

 

 

朝晩の●●が睡眠に効果的!

 

 

軽い運動を行うことは、睡眠によい効果をもたらします。

 

特に、朝は太陽の光が刺激となって体内時計を調整し、

1日のサイクルを整えます。

 

この時間帯には、身体が覚醒しきっていないため、

ラジオ体操などの軽い運動や散歩を行いましょう!

 

夕方以降には、軽いジョギングや水泳などの、汗ばむ程度の

有酸素運動が効果的です。

 

適度な疲労感と、身体の発熱(熱の発散)は、

眠るのに適した身体深部の体温低下につながります。

 

こうした運動は、習慣的に行うことが大切です。

 

毎日は難しくても、週に何回、と決めて、楽しみながら続けましょう。

 

 

安眠を導くための入浴!ポイントは温度だけじゃなった!

 

 

ゆっくり眠るためには、副交感神経を活性化させる

40℃くらいのお風呂に30分くらいつかるのが理想的です。

 

心身のリラックスが安眠のコツですが、

お風呂の温度以外に、「香り」も効果的に利用してください。

 

例えばストレスがたまっているときはラベンダーやカモミール、

落ち込んでいるときはジャスミンやペパーミントなど。

 

入浴剤などを上手に使って、睡眠に適したバスタイムを過ごしましょう。

 

 

ゆっくり入浴。ぐっすり睡眠サプリは⇒こちら

健康