水素水生成器とは?アルカリイオン整水器との違い徹底検証

 

Water wave

水素水サーバーがほしい!

 

そう思って調べ始めると、さまざまなメーカーが

たくさんの商品を出していることが分かります。

 

数ある水素水サーバーのなかで、

一番よいのはどこの製品か!?

 

また、良く書いてある生成方法、

還元水とかアルカリイオン水とかって何??

 

このような疑問を持つ人も多いでしょう。

 

しかし、この疑問、ある意味無意味です!

 

というのも、水素水の生成に関わる表記は、

メーカーごとにばらばらだから!

 

つまり、統一されていないのです。

 

そのため、表記が異なるだけで、

実際は同じ、なんてことも…。

 

比較に必要以上の労力をかけなくてもよいよう、

ココでは、水素水の生成についてお伝えします。

 

メーカーごとに異なる表記?!実際は同じ生成方法の場合も…

yjimage

水素水サーバーは、他の家電製品に比べ、

さほど多くの人が使っているわけではありません。

 

その分、メーカー間で、生成方法などの

表記の統一がなされていない、ということがあります。

 

しかし、気になるのが水素水の生成方法。

 

せめて他と同じか、何か秀でているところがあるかだけでも

分からなければ、比較しようがありません。

 

ここで注目したいのが、溶存水素の大きさ。

 

水素は、水素水とはいえ、どんどん飛散していきます。

 

しかし、この飛散スピードが、

水素水に溶け込んでいる溶存水素の大きさによって

異なるのです。

 

ことなるのは、飛散スピードだけではありません。

 

大切なのが、身体への吸収。

 

吸収率は、溶存水素の大きさが小さいほど

早く、たくさん吸収されます。

 

そのため、溶存水素の大きさが

小さいサーバーがおススメです。

 

サーバーによっては、

「ナノバブル水素水」という表記もされています。

 

水素水はアルカリイオンか還元水かで選ぶべきではない?!

point_01

また、気を付けたいのが、

アルカリイオン水、還元水素水、という表記。

 

これらは、実際には同じ場合がほとんどです。

 

これも、メーカーごとに

表記の統一がされていないため。

 

また、水素水自体、水を電気分解して

再度発生した水素を溶け込ませるものです。

 

その際、電極にプラスとマイナスのイオンが発生します。

 

発生した水素を還元している水素水。

 

そしてその水素水は、電極から発生した

アルカリイオン水です。

 

これは言葉のロジックですね。

 

水素水選びで本当に注意すべきは●●かどうかの見極めだった!?

bikkuri_01

では、水素水選びで本当に大切なのは

何なのでしょうか。

 

それは、何より、溶存水素量。

 

これは、サーバー型を買う時だけでなく、

パウチ型、ボトル型をかうとき、

いつでも一番大切です。

 

サーバー型には、生成水素水の

水素濃度が記載されています。

 

ボトル型は生成状況で

多少異なりますが、これも記載されているはずです。

 

気を付けるのがパウチ型。

 

パウチ型水素水は、製品化した時点での

水素濃度が記載されています。

 

そのため、手元に届いた時点では、

記載の水素量が入っていない恐れがあります。

 

水素水は、溶存濃度に注意して

選ぶようにしましょう。

 


 

 

コメントを残す