水素水が放射能被ばくの健康被害を防止できるのですか?

活性酸素が身体に与える悪影響と、活性酸素は水素と結びつくことで、

体内から排出されることはよく知られています。

この水素による活性酸素除去の働きは、放射能被ばくの際も力を発揮します。

というのも、放射能被ばくによる健康被害は、活性酸素の発生に一因があるからです。

 

yjimage

 

放射能被ばくの健康被害は●●が原因だった!

東日本大震災時の福島第一原発の事故では、放射能汚染が大きな問題となりました。

いまだ、故郷に戻ることがままならない人も多く、

現地では、多くの方々が、危険を顧みず、除染を始めとした作業に従事されています。

 

こうした被ばくによる放射能の副作用を防ぐため、

アメリカでは、抗酸化剤アミフォスチンの使用が承認されています。

しかし、この薬は副作用が強く、限定的にしか使用することができない、大変強い薬です。

 

ここで放射能が身体に害を与えるメカニズムに目を向けてみましょう。

放射能の害は、放射能と水が反応して活性酸素が生じることが、その原因です。

そのため、体内の活性酸素を取り除くことができれば、

放射能被ばくによる健康被害は発生しないのです。

 

yjimage

 

がんの放射線治療

放射能被ばくによる健康被害の恐れは、原発事故発生時だけではありません。

がんなどの治療で行われる放射線療法でも、副作用が問題になっています。

放射線療法における被ばくがとりたてて問題視されないのは、

がん細胞を消滅させるための必要悪として容認されているからです。

 

doctor_examination

 

しかし、ただでさえ病気で苦しんでいる患者さんの治療がより良いものになるために、

もっと水素水の使用が拡大されるべきだと、

水素も健康利用研究の第一人者である日本医科大学の太田成男教授は訴えています。

放射線治療における副作用も、体内の活性酸素の発生が一因なので、

水素水の摂取で、活性酸素を原因とする身体の不調は大きく改善します。

 

南海トラフ地震発生!そのとき原発被ばく対策は?

日本は地震が多いにも関わらず、多くの原発が稼働しています。

そのような環境のなかで、東日本大震災のような災害が、いつ起こるとも知れません。

特に、遠くない将来の発生が危惧されている南海トラフ地震の危険区域には、

今でも多くの原発が稼働しており、地震発生となると、周辺350キロメートルにもわたって

住人の健康被害が心配されています。

 

CHILE-EARHTQUAKE

 

建物の耐震化や非常食糧の備蓄などの災害対策は多くの方が行っていることでしょう。

災害対策の一環として、備蓄水を水素水にすることで、

飲料水確保と、放射能災害への備えを同時に行うことができます。

 

備蓄飲料水として、一人一日あたり3リットル程度の水素水を、

最低でも家族の人数分は備蓄しておきましょう。

 

災害用備蓄水は年1回以上の見直しを!長期保存可能な水素水は⇒こちら